So-net無料ブログ作成

SEGAとレベル5の裁判 [etc]

今回の裁判に関しての、日野の返答がこれ。

http://www.level5.co.jp/news/20121212/popup.html

各種報道のとおり、2012年10月22日に株式会社セガ(以下「セガ」といいます)より特許権侵害に関する訴訟の提起を受けましたのでお知らせ致します。

セガの主張は、当社「イナズマイレブン」シリーズの処理がセガ特許を侵害するというものですが、「イナズマイレブン」シリーズの処理は、セガの特許を侵害しておりません。

セガ特許と同様の処理をするゲーム及び特許は、セガ特許の出願前から現在に至るまで複数存在している事を確認しております。その相違点を分析検討した結果、侵害に当たらないと判断致しました。

この件につきましては、裁判を通じて明らかにして参ります。

今回の訴訟対象である「イナズマイレブン」は、タッチペンを使用してキャラクターを操作しますが、これはタッチスクリーンが普及した昨今では、極めて基本的な操作です。イナズマイレブンの操作は、セガの特許を侵害しておりませんが、今回のセガの訴訟提起は、今後のゲーム制作の選択の幅を制限し、ひいてはゲーム産業の発展を阻害するものであると認識しております。

セガの特許は当社が「イナズマイレブン」の第1弾を2008年8月22日に発売して以降、2009年2月20日及び2011年8月26日に成立しており、ゲーム発売後に成立した特許に関しての特許使用料の要求、及び、訴訟の提起を受けたことになります。法律的な正否とは別に、同業界の一端を担う者として、この状況での訴訟提起には違和感を覚えております。

当社としましては、セガの請求は棄却されるべきであり、裁判を通じてその旨主張していく所存です。



裁判に至るまでの時系列

2004 セガ特許出願
2008 イナイレ発売
2011 セガ特許取得 セガ、L5に交渉
2012 交渉決裂 セガ、L5を訴える






あぁ、本当にキチガイなんですね、日野さん。
とりあえず、この文面からは「ゲームの特許なんて共有財産なんだからパクってもいいだろーが」って言ってるだけですよね?
あと「タッチペンを使用してキャラクターを操作しますが、これはタッチスクリーンが普及した昨今では、極めて基本的な操作です。」と言ってますけど、そんな単純な事じゃなくて、もっと内部のプログラミング的な物のことで訴訟起こしたの分からないの?
流石、特許所持0の会社はいう事が違いますね。
「似たようなゲームは他にもある」みたいな事言ってるけど、それらの会社はちゃんとセガに使用料払ってるんだろうよ。
大体、一年も前からセガが「使用料ちゃんと払ってください。格安にしますから」って言ってるのにそれをガン無視してきたお前らがなに言ってんのかと。

個人的にはレベルファイブって産廃会社をこの世から塵一つ残さない程に徹底的に潰して欲しいけど、和解で終わるんだろうなーってのが正直な感想。

トゥルーライブファンタジーオンラインの恨みはウチは忘れてねーぞー・・・。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 2

No218

ガンダムAGEの恨みも忘れてはいけない
by No218 (2012-12-12 23:57) 

柾木神威

■No218さん
ガンダムAGEもなんだけど、この会社は憎んでも余りあるわ・・・。
まぁ、来春以降、スクエニとコナミから訴訟用意されてるみたいだし、消えるんじゃにぃかな。
by 柾木神威 (2012-12-13 00:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。